JUNJUNの『ドイツ歌曲はお好き?』
伴奏ピアニストJUNJUNが大好きなドイツ歌曲や趣味、日々感じたことや面白いことまでつれづれなるままに綴っています。
CalendArchive

プロフィール

junjun52

Author:junjun52
J U N J U N ( 田中淳一 )
伴奏ピアニスト

★自宅のピアノ教室のページです
        ↓
http://blog.goo.ne.jp/tanakamusik/


★千葉県南房総市出身

★歌曲伴奏法をウィーンにて研鑽。
現在東京にて伴奏等で活動中。

★二人息子(6才、1才)の子育て中。

★趣味:野球観戦、コーヒー、ラーメン、焼肉、HR/HM、プロレス



       ↑↑↑
ブログランキングに登録してます!
どちらでもクリックお願いします!
       ↓↓↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『アマデウス』
今学校の生徒達に映画の『アマデウス』を見せています。



僕も中学の授業で見たように記憶してます。




天才音楽家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトと



宮庭音楽家アントニオ・サリエリの対決を通して



モーツァルトの謎にみちた生涯を描く作品。




僕が中学当時見た時、



これが「ホントなんだ!」と思っちゃいました。。。




サリエリがモーツァルトを殺したとショッキングな始まり!




そこからサリエリの嫉妬に満ちた回想で物語が進んでいきます。




のっけから重たいのに結構小気味よく進むので、




見ていて音楽のようにテンポ感が感じられます。




生徒達もおもしろおかしく、興味深げに見ていました。




しかしサリエリはなんとカワイそうな。



当時ウィーンの宮廷楽長までの地位まで行って



あの有名な作曲家ベートーヴェンやシューベルトを指導したこともあるのに・・・・





そしてウィーンの中央墓地にお墓があります。(僕も確認済み)





でも残念なことに



モーツァルトみたいに有名な曲がない・・・・




やはり作曲家が時代を越えて



いつまでも親しまれるというのは



並大抵のことじゃないのでしょうね。




ちなみにサリエリもオペラの作品を中心に



残ってはいます。



演奏もされているし、CDもあります!




今度聞いてみよ。



なんかまたこの年で『アマデウス』を見ると



感じ方が全然違いますね。。。。


ではでは!!


ブログランキングに登録してます!
←クリックお願いします!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://junjun52.blog60.fc2.com/tb.php/147-0ab3eb85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。