JUNJUNの『ドイツ歌曲はお好き?』
伴奏ピアニストJUNJUNが大好きなドイツ歌曲や趣味、日々感じたことや面白いことまでつれづれなるままに綴っています。
CalendArchive

プロフィール

junjun52

Author:junjun52
J U N J U N ( 田中淳一 )
伴奏ピアニスト

★自宅のピアノ教室のページです
        ↓
http://blog.goo.ne.jp/tanakamusik/


★千葉県南房総市出身

★歌曲伴奏法をウィーンにて研鑽。
現在東京にて伴奏等で活動中。

★二人息子(6才、1才)の子育て中。

★趣味:野球観戦、コーヒー、ラーメン、焼肉、HR/HM、プロレス



       ↑↑↑
ブログランキングに登録してます!
どちらでもクリックお願いします!
       ↓↓↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の伴奏論あれこれ①
僕の伴奏論をつらつらと書いて
とりあえずシリーズ化しようと思う。

まずは前書き的な感じで書いてみた。

僕はピアノという楽器でいろいろな人と共演している。

もちろんピアノで歌や楽器を伴奏するということである。

いろいろな人と共演してきた。

僕の場合は歌手の人が多い。

いろんな人と一緒に考え、作り上げていくのは僕は楽しいのである。

本番が終わった後、ほとんどか主役の歌手に、お客さんが「良かったよ~!」と
かけよってくるが伴奏はあくまで伴奏。そんなにお客さんがわぁ~っと来てくれ
ることはないが、数人くらい来てくれて「伴奏良かったですよ!」とか「ピアノ
の音きれいでした。」とか嬉しいなと思うことを言ってくれることもある。
そんなときは、心の中でガッツポーズをする。

でもなぜ?そんなに目立たないのがいいのか?
答えは簡単。


目立たないけどピアノ伴奏するというのが好きだし、自分には最高の表現方法だ
と思うからだ。

それにはソリストに気持ちよく舞台で演奏してもらうように心がけ、時には自分
の考えを胸の中に閉まってソリストをたてることもある。

これはこの伴奏において宿命だし、そうでないと演奏がなりたたなくなってしま
う場合が多いからである。
かといっていつもソリストのイエスマンというわけでもない。
時には意見も言うし、こうした方がいいのではと提案もする。
ただ最終的な判断はソリストに任せる。あくまでもソリストの音楽なのだから…


でも伴奏をやっていて素晴らしいこともある。

僕がウィーンに留学していた時の話し。

現地のオーストリア人の歌い手との合わせのとき

「なぜ歌を歌うの?」と質問をしてみた。


そうすると何のためらいもなく


「歌を歌うことは人生そのものだ!」


という答えが返ってきた。



なんとストレートな!そして考えせられた!
僕は、伴奏はそれまでただ歌手に合わせればいいものだと思っていた。
しかし「歌うことは人生そのものだ!」
という言葉に、
ただ合わせればいいという表面上のことだけではなく
なんとかこっちも「人生」で答えようと思った。
まだまだ「人生」で何かできるような年齢じゃないし、
そんな音楽ができる器でもない。

でもでも、コレを言われてから

音を奏でるとき、
伴奏をするとき、
合わせをするとき、

「自分の心から湧き出てくるもの」を大切にしようと思っている。


「人生」と「伴奏」

僕の伴奏人生まだまだ旅の途中



次につづく




スポンサーサイト

コメント

どちらも命がけなんだね。
バンドも一緒で、バンドはカラオケじゃなくて、グルーブなんだよね。心振るわせるグルーブを生みたいね!
[2008/09/13 01:56] URL | MOO #- [ 編集 ]


お~!!
熱いコメントありがとう!!

ほんと心を振るわせるグルーブだよね!!!
バンドも僕にとっては刺激の一つだよ。

またMOOさんの熱いライブ見に行くね!
[2008/09/13 11:24] URL | JUNJUN #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://junjun52.blog60.fc2.com/tb.php/17-b202904c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。